メニュー

最新記事

『睡眠時間とスポーツ選手』大事な試合前の睡眠をどう過ごすのか??
高校生や大学生、更には多くのプロの選手にとって睡眠は大事です。特に大事な大会の前日には、しっかり睡眠をとって身体と頭を回復させることは必須なのは皆さんご存知のことだと思います。今回は、その睡眠について数値や例を用いながら説明していきたいと思います。私は最低でも7時間、どんなに短くても6時間の睡眠時間を取るべきでしょう
『派遣記録突破ならず』競泳世界選手権リレー代表追加招集
競泳世界選手権、派遣標準記録突破ならずもリレー代表追加招集決定! 今回、JAPANオープン2019が東京辰巳国 […]
『指導者が知っておくべき知識』水泳をすることで生じてしまう障害を知っておこう
水泳というのは、子供から大人まで行う事ができる人気のスポーツの1つです。全身を使った運動ということから健康に良いイメージが水泳にはあります。しかし、競技選手においては水泳を行いすぎるあまり障害が発生してしまう場合があります。身体を酷使するための反動といっても良いでしょう。
『水泳選手必見』筋膜について知っておこう
水泳を行なっていると、筋膜という言葉を何度か聞いたことがあるかもしれません。「筋膜を剥がそう」「筋膜が動かない」なんて言って聞く場面があるでしょう。しかし、実際にその言葉を根本から理解して使っている人は限りなく少ないでしょう。今回は、その筋膜について詳しく紹介していきたいと思います!
『再始動』東京五輪、萩野公介が競泳金メダルを目指す
2016年リオ五輪400m個人メドレーで金メダルを獲得した競泳萩野公介選手が会見を開き、無期限休養から復帰し、2020年東京五輪に向け本格的に練習を再開した事を明らかにしました。
『書籍を徹底解説』 水泳 日大豊山式4泳法強化法(身になる練習法)
今回水泳選手に紹介したいのは、『水泳 日大豊山式4泳法強化法(身になる練習法』です。 この本は競泳インターハイ覇者の日大豊山監督の竹村知洋さんによって書かれています。水泳の強豪校の監督によって書かれているため非常に説得力のある内容となっています。
『徹底比較』トレーニングの質と量どっちが大事??
今回はトレーニングの質と量の関係性について説明していきたいと思います。トレーニングの質と量は一見すると相反するものに見えるかもしれません。そこにどうアプローチをしていけば良いのか、私個人の意見を交えて説明していきたいと思います。
『スポーツ選手必見!!』夏に来る熱中症の予防と対策と原因
夏や運動中に起きやすい熱中症とは、高温環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調節機能が破綻したりするなどして発症する障害の総称のことを指しています。
「コーチ目線」常に成長する選手の特徴とは?
常に高いパフォーマンスや結果を出したり、常に成長し続けることができている選手の特徴は一体どういったものでしょうか?今回は、選手を指導しているコーチ目線でそれについて述べていきたいと思います。是非、読んでみて下さい!
[超簡単]水泳前半と後半のスピード強化方法!
今回は、水泳における前半と後半の強化方法について超簡単に説明してきたいと思います。今回の水泳の練習は前半を鍛える練習と後半を鍛える練習という風に分ける事が出来ます。
スポーツ選手必読書です!『科学的に正しい筋トレ』
今回は、理学療法士でトレーナーの庵野拓将さんの書かれた『科学的に正しい筋トレ』という本を紹介していきたいと思います。選手やコーチ、マネージャーなどスポーツに関わる人にぜひオススメしたいと思える内容の詰まった本になっています。発行年度も2019年3月と新しいため、最新の情報を知りたいという人にもオススメできます。
中国の元エース!寧沢涛のクロールの秘訣!
寧沢涛とは、アジア人初の100m自由形において47秒台を叩き出し、若くして引退した人物です。彼は身長191cmもありながら体重は78kgと細身な身体をしています。パワーがものを言うこの種目において結果を出せた彼の秘密について今回は迫っていこうと思います。
「徹底比較」メンズ、レディース高速水着人気オススメ!(2019年)
今回、オススメの人気なメンズの試合用水着(2019)を紹介していきたいと思います!コンマ数秒を争う競泳の世界では、試合用水着も非常に重要です。自分に合った良い試合用水着を見つけていきましょう!
マッサージのやり方!応用編!
今回は、マッサージを相手に行うときの具体的なやり方、ポイントなどを紹介していきたいと思います。マッサージは独学や勘といったものだけでは限界があると思います。是非、読んで実践してみてください。
どんな時にどうやれば良いの?必須知識、マッサージ!
競泳選手にとって、マッサージをしてもらう機会は多くあると思います。それだけマッサージは高いパフォーマンスを出すためには必要な事と言えるでしょう。更にこれからマッサージを他の人にする機会があるかもしれません。是非マネージャーさんやコーチ含め選手もみんな覚えておきましょう!