メニュー

Technique

水泳背泳ぎ〜キックの方法!〜
背泳ぎというのは4泳法ある中で唯一上を向いて泳ぐ種目です。そのため自分の身体の状態を最も理解しにくい、泳ぎにくい種目と言えます。
💡瀬戸大也水泳テクニックコツ
日本を代表するトップスイマーの瀬戸大也選手。彼のドルフィンキックとターン動作、この2つ解説していきます。瀬戸大也選手の水泳テクニックを知り自分の泳ぎに是非生かしていきましょう。
水泳背泳ぎのドリル〜姿勢〜
背泳ぎの姿勢に関するドリル 背泳ぎをする上でテクニックを意識することは大切ですが、それに加えて背泳ぎの姿勢を維持するというのも大切なポイントです。まずフラットで抵抗の少ない姿勢を作ること。そこに、パワーが発揮できるキャッ […]
水泳クロールのドリル〜効率的なストローク〜
水泳クロールの効率的なストロークのドリル クロールの推進力は何から生み出されるでしょうか?それはストロークです。もちろんストロークだけでなく多くの動作がかけ合わさって推進力というのはできているのは周知のことですが、その中 […]
水泳背泳ぎのドリル〜身体の軸を意識する〜
身体の軸を意識した水泳背泳ぎのドリル 背泳ぎというのはとても軸がずれやすい水泳の種目です。軸がブレるということは、それだけで無駄になり、そして抵抗を大きく受けやすくなります。そこでドリル練習を通して軸をブラさないことを意 […]
水泳平泳ぎのドリル〜下半身の抵抗を減らす〜
下半身の抵抗を減らす水泳平泳ぎのドリル 水泳の平泳ぎという種目を行う上で注意しなければいけないのは平泳ぎの形です。平泳ぎというのは水泳の中で最も抵抗を受ける種目のため、平泳ぎが抵抗の少ない形である必要性が求められます。そ […]
水泳背泳ぎのドリル〜力を指先、足先に伝える〜
背泳ぎをする上で全身の力が足先や指先まで伝わって進むことができるというのは非常に重要です。そのため背泳ぎのドリルを通して足先や指先まで力を伝えながら泳ぐことのできる背泳ぎを身につけていきましょう。
水泳クロールのドリル〜ローリング〜
水泳クロールのローリングを意識したドリル クロールはローリングを上手に用いることで効率的に力を伝えながら泳ぐことができます。また、ローリングを使うことで肩周りの怪我を防ぎやすくなります。クロールのドリルを通してローリング […]
クロールのドリル〜体重移動〜
体重移動を意識したクロールのストロークドリル 体重移動を意識したクロールをすることで効率の良いストロークで進むことができます。クロールのドリルを通して効率の良いストロークのクロールを身につけて行きましょう。 ①オーバーヘ […]
平泳ぎのドリル〜手と脚のタイミングを合わせる〜
タイミングを合わせる平泳ぎのドリル 平泳ぎのドリルを通して平泳ぎの手と脚のベストなタイミングを掴んでいきましょう。平泳ぎのタイミングが合うことで今よりも効率よく速く進むことができるでしょう。 ①セパレート平泳ぎスイム 目 […]
水泳バタフライのドリル 〜効率の良いキック〜
バタフライキックで効率よく水を押すドリル バタフライキックをドリルを通して今よりも効率の良い、進むバタフライのキックに修正していきましょう。バタフライのキックはドリルを通して徐々に改善していくと良いでしょう。 ①上向きバ […]
背泳ぎのドリル〜キックで進む〜
背泳ぎのキックはとても重要です。特に泳ぎの後半においてキックを打つことができなければ下半身が落ち抵抗に繋がります。それを改善、意識するために背泳ぎのドリルを通して今より良い背泳ぎのキックを習得していきましょう。
平泳ぎ 〜効率的なキックの泳ぎ方〜
平泳ぎのキックの泳ぎ方とは? 平泳ぎには主に2つのキックの泳ぎ方があります。昔主流となっていたウェッジキック(カエル足)と現在主流になっているウィップキックです。下記でそれぞれのキックの泳ぎ方について詳しく述べていきま […]
水泳クロールのドリル 〜筋刺激 〜
水泳クロールのドリル 筋刺激のクロールのドリルを紹介したいと思います。ドリルの中でも筋刺激ということで次の泳ぎに繋がるクロールのドリルということを意識していきましょう。大事なレースの直前のウォーミングアップや朝のウォーミ […]