メニュー

Training

【初心者必見】水泳大会前の効果的なアップ
水泳の大会で高い成績を残すためには、ベストタイムを更新するためには、日頃の練習を頑張るだけではなく、大会当日の過ごし方も非常に重要です。今回は、水泳の大会当時に行うアップ練習について紹介していきたいと思います。 良い競技結果は良いアップから! Let's GO!
【オススメ3選】室内でできる競泳トレーニング
その為、この泳げない間でも室内で出来る競泳の為のオススメのトレーニングを紹介していきたいと思います。泳げないからと言って速くなれないわけではありません。逆にこの期間をきちんと使えたものこそがこの夏、結果を出す事ができるでしょう。きちんと頭を使いながらトレーニングを継続していきましょうね!
水泳と新型コロナウイルス
近頃、新型コロナウイルス感染が大流行し、多くの水泳の会場が使用禁止になり、多くの水泳の大会が中止、延期になっています。そこで今回は、水泳とコロナウイルスというテーマで何点か注意点等を共有できたらと思います。
『超簡単』陸トレで水泳選手が意識しないといけない3つのポイント
今回は、水泳をしている人に向けた筋力トレーニングについて、紹介していきたいと思います! 『ただ陸トレすれば筋肉が付いて水泳が速くなる』と思考停止していませんか?より効率的に鍛え、1秒でも速くなるために是非ここで知識を整理し、これからの陸トレに活かしていてください! それでは、Let's Go!!!
競泳/水泳における耐乳酸トレーニング/乳酸について
耐乳酸トレーニングの理論とは、適度なレストと高強度の練習を繰り返し乳酸を生み出し、そこからエネルギーを枯渇させる事でミトコンドリア量を増やす。その結果、乳酸酸化能力(乳酸をエネルギーに変換させる力)と有酸素性能力の向上に繋がるというものです。
『超簡単』アネロビクス/無酸素性運動とは
アネロビスクとは、爆発的な力を発揮することができる無酸素性の運動の事を呼んでいます。例えば、上に高くジャンプするときや素振りをする時、短距離走を全力で走る時などがこれらに当てはまります。
オーバートレーニング症候群
オーバートレーニング症候群とは、運動で生じた生理的な疲労が充分な回復をしない為に積み重なって、結果的に慢性疲労になった状態のことを指しています。身体の一部に長期間負荷が蓄積しておこる『オーバーユース症候群』や一度に激しいトレーニングを行なって疲労困憊する『オーバーワーク』とは別なので注意しましょう。
競泳選手必須『腹圧』わかりやすく解説!
水泳をやっている人は一度でも『腹圧』という言葉を耳にしたことはないでしょうか?しかし、その多くの人は『腹圧』というものをしっかり理解できていない人が多いでしょう。今回は競泳選手にとって必須な『腹圧』についてわかり易く説明してきたいと思います。
水泳のアシストチューブ&レジストチューブ
皆さんは水泳の練習をするときにチューブトレーニングを行なっていますか?今回は水泳のアシストチューブとレジストチューブについて紹介していきたいと思います。道具を使うことでただ泳ぐだけでは得られない負荷やスピードを感じることができるのでとてもオススメのトレーニング方法の一つです。
『徹底比較』トレーニングの質と量どっちが大事??
今回はトレーニングの質と量の関係性について説明していきたいと思います。トレーニングの質と量は一見すると相反するものに見えるかもしれません。そこにどうアプローチをしていけば良いのか、私個人の意見を交えて説明していきたいと思います。
[超簡単]水泳前半と後半のスピード強化方法!
今回は、水泳における前半と後半の強化方法について超簡単に説明してきたいと思います。今回の水泳の練習は前半を鍛える練習と後半を鍛える練習という風に分ける事が出来ます。
水泳のための筋力トレーニング
水泳のための筋力トレーニング 水泳だけでなくスポーツを行なっている人にとって、避けては通れない道、それが筋力トレーニングではないでしょうか?辛い、めんどくさいという事があるかもしれませんが筋力を上げる事でパワーも向上し、 […]
クールダウン
クールダウン 練習終わりに必ず行うべきはクールダウンです。多くのスポーツを行う方がウォーキングやジョギング、ストレッチング、スイムなどを行いクールダウンをしています。ここではもう少しクールダウンについて掘り下げて行こうと […]
ウォーミングアップ
ウォーミングアップの目的は? ウォーミングアップとは主運動の事前に軽運動を行い交感神経を高めて集中できる心理的な準備を行なったり、血流量を高めるのと同時に筋温も高め運動中に末端の代謝調整が行えるような身体の準備をさせる目 […]
SAQトレーニング
SAQトレーニングとは? SAQトレーニングとは、スピードと敏捷性と動き出しの速さを鍛える練習のことです。これらを鍛えるには静止した状態から急に動き出す、一定時間内に多くの動作をこなすといった動きを伴うトレーニングが大切 […]