メニュー

『書籍紹介』水泳選手のためのコンディショニングトレーニング

2019年9月24日 - Book, Coach
『書籍紹介』水泳選手のためのコンディショニングトレーニング

今回、水泳が速くなりたい人やその指導者にとってオススメの本を紹介したいと思います。その本の名前は『水泳選手のためのコンディショニングトレーニング』です。これは基礎、上半身編と下半身、応用編の2冊に分かれています。

 

 

内容は、水泳を行う人に特化した身体の使い方やトレーニング方法、理論などが幅広く載っています。2冊に分かれているので、目的別に分けて買うと良いでしょう。もちろん、両方買うことに越したことありませんが(笑)

『水泳選手のためのコンディショニングトレーニング』基本情報

◯書名: 水泳選手のためのコンディショニングトレーニング基礎・上半身編

◯書名: 水泳選手のためのコンディショニングトレーニング下半身・応用編

◯著者: 小泉圭介さん

◯初版発行: 2019年9月20日

◯ページ数: 151ページ

◯発行: 株式会社ベースボール・マガジン社

◯定価: 2000円 + 税

『水泳選手のためのコンディショニングトレーニング』コンテンツ紹介

水泳選手のためのコンディショニングトレーニング基礎・上半身編

本書は合計で計5章で構成されています。1章は水泳選手の特徴について、筋肉や姿勢の観点などから述べられています。ストリームラインなど水泳にとって必要不可欠な情報が多くあります。2章は水泳選手のセルフコンディショニングについて述べられています。広背筋や胸郭、大腿四頭筋など水泳で必要不可欠な筋肉のストレッチ、さらにはサスペンションを用いたストレッチについて多く述べられています。3章は水泳における上半身のメカニズムについて述べられています。ハイエルボーなどの泳ぐ動作に直結したことが書いてあります。4章は上半身のトレーニングの基礎について述べられています。腹圧や胸郭伸展、懸垂、背筋など多くのトレーニングを知ることができるでしょう。5章は上半身のトレーニングの応用編についてです。主に体幹トレーニングについて述べています。この本に水泳が速くなる秘訣が多く隠されています!

水泳選手のためのコンディショニングトレーニング下半身・応用編

本書は合計で計5章で構成されています。1章はバサロやドルフィン動作などの下半身のメカニズム、泳ぐ動作について紹介しています。2章は股関節や体幹に注力した下半身トレーニングの基礎について述べています。3章はスタートやターンの身体のメカニズムについて述べています。4章は下半身トレーニングの応用編について述べています。スクワットなどの荷重系が多いです。5章は全身トレーニングの応用編について述べています。腕や脚、体幹を連動させたトレーニングについてが多いです。この本に水泳が速くなる秘訣が多く隠されています!

 

まとめ

この本は当たり前に知っているようなことから、知らない細かい筋肉や身体の使い方までイラストを用いて非常にわかりやすく述べています。水泳を行なっている人はぜひ読んでみてください。何か新しい知識やトレーニング方法について知ることができるでしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です