メニュー

水泳選手とプロテイン

2019年8月31日 - Coach
水泳選手とプロテイン

水泳選手にプロテインって必要なのか?

水泳選手にとって、食事はとても大切です。身体を大きくしタイムを出す為には、トレーニング、食事、睡眠の3つが求められると思います。今回は、その食事の中でも水泳選手だけでなく多くのスポーツ選手をサポートするプロテインについて紹介して行きたいと思います。

水泳選手にはどのプロテインが一番効果的?

そもそも何故水泳選手はプロテインを摂取するのか?それはタンパク質を効率よく手軽に摂取できるからでしょう。さらに、短期的、長期的に筋肉が大きくなるのをサポートするのに最適な為、水泳選手は好んでプロテインを飲みたがるのです。

今回はその中でもどのプロテインが筋肉にとって効果的か消化して行きたいと思います。お店やインターネットでプロテインと調べると様々な種類があり、どれを選べば良いのか悩んだ経験はないでしょう??それを手助けして行きたいと考えています。

代表的なプロテイン3種類

1.ホエイプロテイン

ホエイとは、牛乳から脂肪分や固形成分を除いたもので、チーズを作る際に捨てらる乳清やヨーグルトの上澄み液としても知られています。のプロテインの特徴として、他のプロテインと比べて必須アミノ酸が豊富に含まれており、水溶性タンパク質である為、摂取すると素早く小腸に吸収することができます。

トレーニング後、素早く栄養補給ができる事から「ファスト・タンパク質」とも呼ばれています。

 

2.カゼインプロテイン

カゼインもホエイと同じく、牛乳に含まれている固形タンパク質から作られます。他のプロテインと比べ、水に溶けにくく消化、吸収に時間がかかりますが、その分体内のアミノ酸濃度を長時間支えてくれるため、別名「ロー・タンパク質」とも呼ばれています。

就寝前など、吸収が悪いことを利用してあえて飲む場合に使うこともよくあります。

3.ソイプロテイン

ソイは名前の通り、大豆に含まれる植物性タンパク質から作られるプロテインです。消化や吸収の速度はホエイプロテインとカゼインプロテインの中間ぐらいです。他のプロテインと比べた強みは、抗酸化、抗炎症化作用が特徴的です。

 

ホエイプロテインです。

理由は2つあります。1つ目は身体への吸収が早いことです。2つ目は筋肉の合成作用が最も効率的だと証明されているからです。

要するに、筋肉を大きくしたいのであればホエイプロテインがオススメです。

気をつけるべきはプロテインを飲むタイミング

プロテインはいつ飲むべきものでしょうか?練習前や後、食事後、それとも就寝前でしょうか?それを説明して行きたいと思います。

①まずはトレーニング後45分以内に飲むべし!

これはトレーニング後45分間が栄養の吸収効率が良くなるためです。ここで吸収効率の良いホエイプロテインを水で割って飲むと良いでしょう。牛乳で割ると吸収効率が下がるため、オススメできません。

②就寝前にも飲むべし!

これは、就寝中が体内の筋肉の合成量が低下する為です。これを防ぐためには、吸収を遅くする牛乳で割ってプロテインを飲むことをオススメします。水で割ってももちろん問題ありません。

まとめると

トレーニング後と就寝前にホエイプロテインを飲むと良いでしょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です