メニュー

「徹底比較」メンズ、レディース高速水着人気オススメ!(2019年)

2019年5月11日 - Coach
「徹底比較」メンズ、レディース高速水着人気オススメ!(2019年)

メンズ、レディース高速水着

今回、オススメの人気なメンズの高速水着(2019)を紹介していきたいと思います!コンマ数秒を争う競泳の世界では、高速水着も非常に重要です。自分に合った良い高速水着を見つけていきましょう!

①mizuno GX SONIX Ⅳ

まずは水泳をやっている人なら誰でも知っているであろう超大手3大メーカーのmizunoの高速水着を紹介したいと思います。

このmizuno GX SONIX IVの特徴は主に2つ上げられます。

1.軽量性

表面の凹凸に微細な縦溝を施して摩擦抵抗を約2.6%軽減、約3.2%軽量化しています。とても抵抗が少ないため、少しのことが気になってしまう選手にはオススメな水着です。

2.キックサポートの強化

クロス状サポートラインで強靭なアップ&ダウンキックを実現しています。後半足が動かなくなったり、そもそもキックが苦手な人にオススメな水着です。

泳ぎのスタイルに合わせた2つのGX SONIX IV

1.ST(Sprinter model) 短距離のスプリンターモデル

強いハムストリングスでサポートでキックを支え、広い裏地エリアで浮き感を大きく向上させています。MRよりも生地が硬いため、長時間履き続けるのは大変でしょう。上記で書いてある通り、短距離のスプリンター向きのモデルです。日本代表選手の着用率が非常に高く、とても人気な高速水着です。

 

2.MR(Multi  racer model) 中距離向けのマルチレーサーモデル

下半身全体をサポートし、4泳法や長い距離でも足を動かしやすくする軽さを追求しています。STよりも生地が軽く、長時間履き続けても良いでしょう。バランスが良く、非常に着易い作りになっています。こちらも日本代表選手の着用率が非常に高く、とても人気な高速水着です。

 

 

②Arena ULTIMATE AQUAFORCE

今回、次にオススメするのはArenaの高速水着を紹介したいと思います。この試合用水着は主にアップキック(後ろ方向)サポートが特徴的な機能です。人間の身体の構造上前方向のキックはしやすいが後ろ向きのキックは弱くなりやすいため、その弱点を補うようにこの水着が開発されています。前作と比べ約20%も軽量化されています。

泳ぎのスタイルに合わせた2つのULTIMATE AQUAFORCE

1.ULTIMATE AQUAFORCE CP

この高速水着はアップキックの強化と着易さが特徴的です。男性のCPはアップキックを支える高速水着のテープの量が増え、更に強いアップキックの向上を図っています。

更に、腎部からハムストリングスにかけて生地を二重構造で構成しており、そしてパワーテープによって疲労時に下がってくる足を引き上げることで、水中でのボディポジションをコントロールすることが容易になっています。

大腿部に軽量のアクアフォースFフィルムを配置することで大腿部の動きに追随し、動き易さも実現しています。

高速水着の裏地を分割したセパレート構造というものを採用しており、肩や胸の着圧が軽減され、水中での動きや呼吸を自由にします。

以上がCPの高速水着の特徴となっています。

 

2.ULTIMATE AQUAFORCE MF

この高速水着の圧倒的な特徴は着心地です。まるで着ていないかのようだとの呼び声が高いです。日本のトップ選手の好んで履いており、瀬戸大也選手や入江陵介選手などが有名です。

この水着はCPと同じくセパレート構造の裏地を用いており、肩や胸の着圧が低減されているため水中の動きや呼吸を自由にしています。軽さと伸縮性を持ったアクアフォース史上最軽量素地を用いているため、非常に軽いです。

 

 

③Arena POWERSKIN CARBON シリーズ

こちらのシリーズは海外の選手も愛用するArenaの高速水着です。ポリエステル素材にカーボンというハイパワーな素材を入れることで丈夫な生地にしています。

泳ぎのスタイルに合わせた2つのPOWER SKIN CARBON

1.POWERSKIN CARBON AIR2

表面を1枚構造にすることで、縫製部の圧力を軽減することができ、着用時の着心地を向上させます。そして、裏地を3枚のパネルに分けることによって、動きの自由度を向上させると共に軽量化も実現しています。更に、この高速水着は筋肉の動きに適したコンプレッション効果を高めて力強いフィット感をサポートしています。

 

2.POWERSKIN CARBON FLEX VX

こちらの高速水着はテープ形状でVX型を導入しています。X型のテープによって動き易さを向上させ、ストロークの効率も向上させています。V型テープによって、後ろ方向のキックをサポートしています。

 

 

④asics TOP IMPACT LINE RAiO2+

asics社の高速水着の特徴として、体幹や姿勢を保ちやすくするようなサポートが強いというのが特徴的です。選手の姿勢を一直線に保ち、流水抵抗を低減させるコアスティンガー機能を持っているため、体幹やコアの部分の力が弱い人にはオススメの高速水着です。

軽量かつ低い抵抗の新素材を用いることで従来の27%の軽量化、そして流水抵抗を2.3%低減させています。更に伸縮性もあるため着心地も良くなっています。

太ももの外側に柔らかい生地を配置しているため、脚の内転時にかかる生地張力による不快感の低減がなされています。

疲労した後半にも脚が開かないようにする工夫や高い可動域を確保することで効率の良いストロークを維持することができます。

1.TOP IMPACT LINE RAiO stream2+

こちらの高速水着は、比較的タイトな作りになっているため、短距離選手向きの水着となっています。前半から飛ばしていくスタイルの選手に人気の傾向があります。日本の選手で言えば、中村克選手や今井月選手が使用しています。

 

2.TOP IMPACT LINE RAiO glide 2+

こちらの高速水着は、比較的伸縮性があるため、中距離選手やラストスパートに飛ばす選手に人気の傾向があります。腰回りや胸周りをしっかりとホールドしてくれる高速水着となっています。鈴木さとみ選手や青木ともみ選手が着用しています。

まとめ

今回、Speed、Asics、Arenaの3つの競泳大手の会社の高速水着を紹介しました。どの試合用水着にも特徴やメリットがあるため、自分にあった高速水着を選ぶようにしてください。高速水着でタッチの差が生じてしまうかもしれません。競泳選手は道具も大事にして行きましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です