メニュー

ストレッチング

2019年4月4日 - Coach
ストレッチング

ここでは3つのストレッチ方について紹介します!

①スタティックストレッチング(静的)

最終伸張位でゆっくり一定時間を保持するストレッチング法です。一定時間保持することで筋の弛緩と伸張が同時に起こります。ゆっくり行うことにより伸張反射が生じにくく危険性も低く、それでいて筋の柔軟性向上や疲労回復にも効果的です。主に練習後に行うことが多いです。

②バリスティックストレッチング

急激な反復反動動作や弾みをつけて最終伸張位での保持をしないストレッチング法です。伸張反射を促すもので筋や結合組織に微細損傷を引き起こす可能性があるので中が必要です。主に最初の水中に入るウォーミングアップ前のウォーミングアップで行い、生理学的な反応をより早く引き出せるため行うと良いでしょう。

③ダイナミックストレッチング(動的)

ダイナミックな関節運動を伴いながら伸張したい筋の拮抗筋を収縮させ、相反性神経支配を利用しながら伸張させていく方法です。最初の水中に入るウォーミングアップ前に行うと良いでしょう。最終的に伸張位でスタティックを保持しながら伸張させていくストレッチング法です。

ストレッチング」への2件のフィードバック

  • ピンバック: ウォーミングアップ | 水泳トレーニング

  • ピンバック: クールダウン | 水泳トレーニング

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です