メニュー

『再始動』東京五輪、萩野公介が競泳金メダルを目指す

2019年6月8日 - News
『再始動』東京五輪、萩野公介が競泳金メダルを目指す

競泳萩野公介、無期限休養から遂に復活!

2016年リオ五輪400m個人メドレーで金メダルを獲得した競泳萩野公介選手が会見を開き、無期限休養から復帰し、2020年東京五輪に向け本格的に練習を再開した事を明らかにしました。

萩野公介自身が自らの思うような結果を出すことが出来ず、モチベーションを保つことが出来なくなったことが原因で無期限休養に入っていたようです。

無期限休養に入る前に出た2月のコナミオープンでは、自己ベストよりも17秒以上遅れるなど練習の成果が中々発揮されないのは辛いことだと思います(T . T)

競泳萩野公介は休養期間は何をやっていたの??

休養期間中に萩野公介は何をしていたのでしょうか?

気分をリフレッシュするため、ドイツやギリシャに一人旅するほか、高校まで過ごした恩師に会ったりなど普段できない人に会ったり、場所に行ったりしていたようですね。

ここの過ごし方を見ると、ただ競泳から離れるだけでなく、本当に競泳から離れるべきなのか考え悩みながら過ごしていたことが見て取れますね。

競泳萩野公介、復帰のきっかけとは

休養期間中に栃木県のスイミングクラブ関係者から「引き際は自分で決めろ」と言われ、もっと泳ぎたい、高みを目指したいと思ったことがきっかけになったようです。

元々水泳は好きだが、結果が出ずストレスが溜まり、嫌いになりかけていたのでしょう。泳ぐ前は常に不安になり、辛いという感情が全身を支配していたそうです。

競泳萩野公介、更なる高みへ

最終目標に東京五輪で複数種目での金メダル獲得を上げており、順調に進めば8月のW杯東京大会が復帰戦になりそうです。5月から平井伯昌コーチのいる東洋大学で徐々に練習を始めているとの情報も流れています。

現在は休養期間に入る前より5キロ増えふっくらしていますが、ここから身体を絞っていって、まずは代表権を獲得して欲しいと思います。

萩野公介頑張れ!!

私の気持ちとしては、是非代表権を獲得して東京五輪で金メダルをとって欲しいと思います。更に、瀬戸大也と争って高め合うようなライバル的な存在として頑張って欲しいです。

精神的リフレッシュの終わり、これからが正念場だと思います。是非、是非、頑張って欲しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です