メニュー

平泳ぎのドリル〜手と脚のタイミングを合わせる〜

2019年4月6日 - Breaststroke, Drill, Technique
平泳ぎのドリル〜手と脚のタイミングを合わせる〜

タイミングを合わせる平泳ぎのドリル

平泳ぎのドリルを通して平泳ぎの手と脚のベストなタイミングを掴んでいきましょう。平泳ぎのタイミングが合うことで今よりも効率よく速く進むことができるでしょう。

①セパレート平泳ぎスイム

目的: 自分にあったプルとキックのタイミングを身につける
方法: 完全にプルとキックのタイミングを外した状態から25mの中で徐々に自分が泳ぎやすいタイミングに合わせて泳ぐ

1.最初はプルとキックを別々に行う
2.脚は動かさずにストローク、真っ直ぐなストリームラインを意識する
3.ストロークが終わってからキックを打つ、その後も真っ直ぐなストリームラインを意識する
4.バラバラだったプルとキックのタイミングを徐々に合わせる
5.体重移動に注意して行う

ex) 25×4 ×2set 1setゆっくり 2setハード

②3スカーリング1スイム

目的: ストロークのキャッチ時に水を捉える感覚を養う
方法: キャッチ時で3回スカーリングを行ってから1回コンビネーションを行う

1.肘を落としたり引いたりしないようにフロントスカーリングをする
2.脇を開いて肩甲骨をあげる意識をもつ
3.3回スカーリングをしてから1回コンビネーションを行う

平泳ぎドリルのポイント

このドリルはボディポジションを高く保つ必要がある
→できていないということは下半身が沈んでいる
→胸郭を開いてたくさん息を吸って身体を浮かせる

まとめ

今回は、平泳ぎの手と脚のタイミングを合わせるドリルを紹介しました。タイミングというのは軽視されがちかもしれませんが、非常に重要です。体重移動などタイミングが合うか合わないかだけで大きくタイムは変わるでしょう。

是非、タイミングにも意識をおいて練習に取り組んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です