メニュー

水泳バタフライのドリル 〜効率の良いキック〜

2019年4月1日 - Butterfly, Drill, Technique
水泳バタフライのドリル 〜効率の良いキック〜

バタフライキックで効率よく水を押すドリル

バタフライキックをドリルを通して今よりも効率の良い、進むバタフライのキックに修正していきましょう。バタフライのキックはドリルを通して徐々に改善していくと良いでしょう。

①上向きバタフライキック

方法: フィンをつけ仰向けでドルフィンキックを打つ
目的: キックで効率よく水を押せるようにする

◯蹴り上げる時に力を入れる。特に蹴り上げの最後の局面を強く水面から足が出るくらい蹴る
◯上半身は上下動しても大丈夫
◯出来るようになったら振り幅を小さく鋭いキックへ
◯手、肩、腰がコースロープよりも下がらないように
◯蹴り上げた反動で脚が下がってくるのを利用してリズム良くキックを行う

②体側バタフライキック(サイドキック)

方法: 気をつけの姿勢でドルフィンキックを打つ(シュノーケル可能)
目的: キックで効率よく水を押せるようにする

◯蹴り下ろす時の最後の局面を強く蹴る
◯コースロープの高さで上半身をキープする
◯蹴り下ろした反動で脚が上がってくる感覚が重要である
◯回数は出来るだけ少なく行う
◯脚が上がったら再びキックをする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です