メニュー

水泳クロールのドリル〜ローリング〜

2019年4月6日 - Drill, Freestyle, Technique
水泳クロールのドリル〜ローリング〜

水泳クロールのローリングを意識したドリル

クロールはローリングを上手に用いることで効率的に力を伝えながら泳ぐことができます。また、ローリングを使うことで肩周りの怪我を防ぎやすくなります。クロールのドリルを通してローリングを上手に使える泳ぎを身につけていきましょう!!

①クロール6キックサイドチェンジ(シュノーケル可)

目的: 体幹とキック動作によるローリング動作の感覚を養う
方法: 気をつけキックの状態で左右どちらかに傾けたまま6回キックを打ったら左右を入れ替える

1.身体を完全に横に向けて6回キックを打つ
2.上にある肩から動かしローリングを開始する
3.体幹を使いしっかり身体をひねってローリングする
4.左右を切り替える時に頭がブレないようにする

②毎回呼吸クロール

目的: ローリングの左右の偏りや呼吸時の姿勢が崩れないローリングを鍛える
方法: クロールを毎ストロークごと呼吸して泳ぐ

1.出来るだけ大きくローリングしながら呼吸する
2.呼吸した方の手が入水したら素早くローリングを切り返す
3.軸がブレないように頭を上げないように気をつける
4.ゆっくりで良い、大きさに偏りが出ないようにする

③キャッチアップクロール

目的: 片腕が前方に伸びた状態を作りあえてローリングを抑えて泳ぐ感覚を作る
方法: 片方の腕は前方に伸ばしたままもう片方の腕でストロークし、入水時に両手を揃えてから反対側のストロークを行う

クロールドリルのポイント

◯左右の呼吸の大きさは同じようにする
◯前腕は水面近くをキープする
◯身体が水面と平行になる位置で行う

まとめ

今回は、クロールのローリングを意識したドリルについて紹介しました。未だ、ストロークで効率的に進めていない人は、ローリングが中途半端になっていたりしているでしょう。

もちろんローリングを必ずしも使うべきというわけではないですが、ローリングを使って前に進みたいという人は是非練習を積み重ねていってください。

ドリルというのは、地味で本当にそれが本番につながっているのかはわからないかもしれません。けれど、力の伝え方や泳ぎのタイミングというのはそれができて初めてわかります。不安かもしれませんが、日頃の積み重ねというのを大事にして、大会に臨んでいきましょう。きっと良い結果が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です