メニュー

高強度インターバルトレーニング(HIIT)

2019年3月27日 - Training
高強度インターバルトレーニング(HIIT)

高強度インターバルトレーニング(HIIT)について紹介したいと思います。水泳の練習メニューでよく取り入れられており、短い練習時間でも効率的に鍛えられるため水泳選手にとてもオススメな練習方法です。

高強度インターバルトレーニング(HIIT)とは?

高強度インターバルトレーニングを英語名で呼ぶとHIIT(ヒット)と呼びます。HIITとは、High Intensity interval trainingの略です。高い強度かつ短いインターバルでトレーニングを行うこと、通称高強度インターバルトレーニングを指しています。短時間で高強度トレーニングを短時間休息で反復することによって、より大きな酸素負債を負った状態で高強度の運動を繰り返します。それによって、体内の速筋線維における酸素需要は高まり、その状態を繰り返し運動負荷に適応させることによって高強度で持続できる体力資質を養おう事ができます。

水泳の練習メニューで取り入れるなら、25-50mの距離が多く用いられます。

長距離選手にもHIITは有効的なメニューで、心拍出量等の生理的能力を改善させることによってより質の高い持久力トレーニングが行えるようになります。

超最大努力運動中のエネルギー需要がどこまで高くでき、さらにそれを何度反復させることができるのかが重要です。

コーチの処方術のみならず選手側の高い意識と集中力も求められるトレーニング方法でしょう。

いつ水泳の高強度インターバルトレーニング(HIIT)を行えばいい?

私がこの高強度インターバルトレーニング(HIIT)をオススメする場合は2つあります。

1.練習時間が限られていて、あまり時間がない時です。

この高強度インターバルトレーニングの特徴は、短時間で行う事ができるというものです。よって、短時間で効率的に鍛えることのできるこのメニューは非常に効果的です。プールの使用時間の制限というのは多いため、よく練習メニューに用いられています。

2.オフ明け、練習をしていなかった時です。

あまり練習ができなかった期間があったり、オフがあった時は、心肺機能が落ちてしまいます。そのため、心肺に一気に負荷をかけることの出来る高強度インターバル(HIIT)は効率的で理にかなっています。

水泳の高強度インターバルトレーニング(HIIT)のやり方、メニュー

◯50 × 6 (50′) S1 MAX
◯25 × 6 (30′) S1 MAX + Rest (3′) + 25 × 4 (35′) S1 MAX
◯50 × 6 (60′) S1 MAX + Rest (90′) + 50 × 4 (50′) + Rest (120′) + 50 × 2 (45′)

その他にもタバタ式トレーニングなども非常に有効的な水泳トレーニングの1つです。継続的に行う事で効果を発揮するため、もし行う場合は水泳メニューに頻繁に入れておくと良いでしょう。

高強度インターバルトレーニング まとめ

今回は、高強度インターバルトレーニング(HIIT)について紹介しました。とても効率的かつ効果的なオススメの練習方法の1つです。水泳のメニューに上手に取り入れる事で効率的にトレーニングを行う事ができるでしょう。是非、日々の練習に取り入れてみてください!

高強度インターバルトレーニング(HIIT)」への2件のフィードバック

  • ピンバック: 高強度トレーニング | 水泳トレーニング

  • ピンバック: タバタ式トレーニング | 水泳トレーニング

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です