メニュー

高強度トレーニング

2019年3月26日 - Training
高強度トレーニング

高強度トレーニング

高強度トレーニング、最近非常によく聞く言葉ではないでしょうか?多くの実績を誇る様々な大学で導入されている練習方法で、従来の長い距離を泳ぐよりも効率的であり効果的と言われています。今回はこの練習方法の特徴や目的などを紹介してきたいと思います。

高強度トレーニングってどう言う事?

高強度トレーニングとは科学的に『最大酸素摂取量に到達する強度以上のトレーニング』のことを指し示しており、目安としては血中乳酸濃度が10mmol/Lを超え、最大酸素摂取量(Vo2max)が150%から200%の強度に達するぐらいが理想とされています。そもそもこの高強度練習を行う背景には、練習で本番と近い、もしくはそれ以上の強度で行わなければ本番では意味のない練習になりやすいという考え方があります。

高強度トレーニングは、常に高い強度でトレーニングを反復することで体力の向上を図り、さらにその中でより速く泳ぎ何本持続させることができるのかというところまで追い求める必要があります。高強度の練習の1本目から全力で出し切らないと意味がないので、最初から頑張っていきましょう。

反復に用いられる距離は競泳の場合、短距離選手で25mと50m、中距離選手で50mと75mと100m、長距離選手だと100mと150mと200mが適当とされています。

高強度トレーニングの注意点

高強度トレーニングを行う上で、過負荷の原則(オーバーロードの原則)を意識し、一回の練習で選手の体力を疲労困憊にさせることを重視させることが求められます。

他にも注意点として、高強度練習ではピッチ依存になりやすく泳ぎが詰まりやすくなるためストローク長も管理し、詰まった泳ぎでトレーニングを行わせないようにする必要があります。強度の指標は難しいというのも挙げられます。

高強度トレーニングの種類

超短距離レースペーストレーニング(USRPT) https://swimtraining.biz/training/usrpt/

高強度インターバルトレーニング(HIIT)

高強度インターバルトレーニング(HIIT)

タバタ式トレーニング(Tabata)

タバタ式トレーニング

まとめ

今回は、高強度トレーニングというものを紹介しました。

高強度トレーニングとは、レースペース同等もしくはそれ以上のスピードで泳ぐ強度のことを指し示しており、練習で言えば全力やMAXと表されることが多いでしょう。大事なのは、高強度のメニューにもよりますが、1本目から全力で泳ぐことです。途中バテてもいいから全力で泳ぐことが大事です。練習を積み重ねていく上でその全力で泳げる本数が増えていけば理想的でしょう。

最近の水泳界の特徴として、どこもこの短時間集中型の高強度トレーニングを導入して成果を上げています。是非、練習に取り入れてみてください!

高強度トレーニング」への3件のフィードバック

  • ピンバック: 超短距離レースペーストレーニング(USRPT) | 水泳トレーニング

  • ピンバック: HIIT(高強度インターバルトレーニング) | 水泳トレーニング

  • ピンバック: サイズの原理と運動単位 | 水泳トレーニング

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です